男性

中古住宅で暮らすパターン

一軒家

築年数は目安に使う

茅ヶ崎では、旧市街地や海岸沿いといった人気地域で中古一戸建ての販売があり、築年数や土地の広さや外観など様々な住宅が売られています。一般的には築年数が浅い中古一戸建ての方が人気があり、販売数も多いものですが、茅ヶ崎では築年数が20年以上経過した物件も多く販売されています。茅ヶ崎で中古一戸建てを購入して、生活するには3通りの考え方があります。築浅の中古一戸建てを購入して最小限のリフォームを行う方法と築古の中古一戸建てを購入して大規模なリフォームを行う方法です。築古の中古一戸建てをあまり修復せずに生活を続け、資金を貯めてから新築する方法もあります。築浅の物件を大規模リフォームといった組合せもありますが、費用的な負担が大きくなるので、一般的ではありません。最近の木造住宅で2×4工法を使っていると壁を抜くような大規模なリフォームをしにくいですが、茅ヶ崎の築20年以上経った木造住宅は在来軸組工法で建てられているので、よほど建坪数が小さくない限り、大規模な間取りの変更もしやすくなっています。キッチンやトイレなどの水回りは年々新しい仕組みや技術が取り入れられているので、資金が許せば積極的に交換していってください。中古一戸建ての築年数は構造に問題ないかどうかは目安にしか使うことができないため、必ず目で見て、専門家に診断してもらって下さい。築浅の物件でも、雨漏りによって木材が腐食していたり、留め金具が錆びついていることもあり、補修に大きな費用が必要になることがあります。